Q&A

Q&A 当院に寄せられる、よくあるご質問を幾つかご紹介します。

こちらで疑問が解決されない場合は、お気軽にご質問・ご相談ください。

よくある質問

 
「痛みを感じたとき、動かすのと安静とどちらがいいのでしょうか?」
 
体に痛みがある時は、痛みが治るまで安静にしてから少しずつ動かし始めるのが原則です。
特に外傷による痛みの場合は、損傷を受けた部分が修復されるまで十分安静にする必要があります。
また反対に、関節や背骨の変形による痛みなどの場合は、あまり安静にしすぎるとかえってマイナスになることもあります。これらの原因として、関節や背骨周囲の筋肉やスジなどの柔軟性の欠如がもともとの原因になっていることが多く、長期の安静がさらに柔軟性の低下を引き起こし、痛みの悪循環の形成につながるのです。ですので、素人判断をしないで、専門の医師と治療に取り組んでいくことが大切です。

PAGE TOP

 
「冷湿布と温湿布の使い分け方を教えてください。」
 
まず湿布の役目からお話しますと、患部に張ることでその成分が皮膚から浸透して効果が現れるので、冷やしたり温めたりすることが目的ではありません。骨折や外傷の際、本当に冷やす必要がある時は、氷水やアイスノンなどを使用しましょう。冷湿布は冷たさを感じるメントール、温湿布はトウガラシ成分のカプサイシンが含まれていますが、どちらも血液を変化させるほどの温度変化はありません。(基本的には、患者様ご本人の好みで良いと思います。)

PAGE TOP

 
「肩こりがヒドイのですが…」
 
肩こりというのは一つの症状の名前であって、病気の名前ではありません。首の後ろから肩にかけての筋肉が硬くこわばり、だるく重苦しい感じがすることをいいます。前かがみの姿勢が長く続いたり、精神的なストレスや目の疲れなど、普段の生活の中で起こる事が多いのですが、頚椎(首)の病気からくる場合もあり、肩こりがひどく、しつこい場合は一度受診されることお勧めします。

PAGE TOP

 
「ぎっくり腰になってしまいました。どうすればいいですか?」
 
不意の動作で腰に強い痛みを生じた状態を「ぎっくり腰」と言いますが、その原因は様々です。最も多いのは「椎間骨折」といって、腰の骨と骨をつなぐ関節を痛める場合です。それ以外にも、骨よりもっと皮膚に近い筋肉を痛めた場合や、椎間板ヘルニアにより神経を刺激する場合があります。原因によっても、痛みの程度によっても治療方法が異なり、ヘルニアの場合は悪化すれば足が痺れたり、筋力が低下する場合もあります。安静や保温で軽減する場合が多いですが、重度の場合、当院では主にブロック療法で治療していきます。

PAGE TOP

 
「膝の水をぬくとは、どういうことですか?」
 
膝の関節では、軟骨や半月板などに異常があって、炎症が起きると水(関節液)が溜まることがあります。
炎症が治まれば、水は溜まらなくなります。水を抜き、その関節液の色や性状などを確認することで、膝の状態や病気の診断に役立つからです。また、治療の際関節内に注射する時、水で注射した薬剤が薄められ、効果が半減してしまうのを防ぐためです。

PAGE TOP

ブロック注射のQ&A

 
「ブロック注射でも、やはり注射の痛みはありますよね?」
 
ブロック注射(神経ブロック)では比較的長い針を使いますが、太さは採血で使う針に比べ、とても細いものです。
また、実際のブロック注射の前にはあらかじめ皮膚の表面に局所麻酔を行うので、痛みはほとんど感じません。
皮膚に行う局所麻酔も注射ですが、痛みの程度は歯医者さんの麻酔より弱いです。

PAGE TOP

 
「ブロック注射をした後、すぐに帰れますか?」
 
約15分程度の安静で、ご帰宅頂いて構いません。

PAGE TOP

 
「どんな痛みでもすぐに取れるのですが?」
 
すべての痛みが即座に消失するとは限りませんが、治療を受けることで痛みの程度は確実に和らぎます。
多くの慢性疾患は複数回の治療を重ねることで、痛みや症状が改善していきます。

PAGE TOP

 
「どれくらい通院しなければいけませんか?」
 
治療に必要な回数や時間は患者様によって、また、病気の症状によってもことなります。神経ブロックについては週に1回ずつ、4~6回を一つの目安としていただければとおもいます。

PAGE TOP

 
「ブロック注射は即効性の痛み止めだけで、完治にはならないですよね?」
 
神経ブロックの作用機序は、まず痛みを伝える神経ブロックとして、中枢神経(脳)に痛みの信号が届かないようにすることと、血管や神経の調節を行っている交感神経をブロックして、血管拡張や神経の緊張を和らげることです。つまり、痛み神経のブロックで痛みを取り除いている間に交感神経がブロックされ、組織への血液循環が良くなり、十分の酸素が行き渡るとともに痛み物質が洗い出されるのです。また、神経もリラックスするので、組織の代謝も正常になります。本来の自然治癒力が戻る結果になります。すると、痛み神経のブロック効果が弱くなった後でも、すでに痛かった部分の組織自体が自己回復するため、以前のような痛みはなくなります。痛みの程度や原因にもよりますが、神経ブロックは一時的な対処療法ではなく、根本療法につながり、その場合は長期的に効果が続きます。

PAGE TOP

気になる事はなんでも、下記のお電話番号にお気軽にお問い合わせ下さい TEL:093-531-0788

PAGE TOP