冷え性にお悩みの方

冷え性にお悩みの方

冷え性はさまざまな症状を引き起こします。

冷え性は、自律神経の乱れが起こったりホルモンバランスが崩れたりすることで、手足の末梢血管の血行が悪くなることで起こります。また、冷え性は女性に多く、女性ホルモンの調整がうまくいかずに起こるものだといわれています。しかし、冷え性の中には他の原因で起こるものもあります。
甲状腺機能低下症などのホルモン異常に起因するものや、慢性動脈閉塞症などにより、動脈の流れが悪くなって症状がでるものもあります。

 

冷え性の症状

  • 疲労感があり集中できない。イライラし、体が強ばる感じがする。
  • 寝つきが悪く、慢性疲労になる。
  • 内臓機能が低下して代謝・免疫異常が起きたり、肌も体も老化する。
  • 血行の悪いところ、遺伝や怪我によりもともと弱いところに発病する。
  • 代謝活動が低下するため、治療が長期化する。
  • 「冷え」が伝搬して余病を併発する。例えば腰の冷えは、腰痛やヘルニアになりますが、痔、脱肛等を併発し、やがて婦人病や不妊症、大腸ポリープや大腸ガンを併発する例も多くあります。

冷え性の予防方法

  • 体を温める食品(生姜、ネギ等)を摂る。
  • 寝る前に微温浴(38~39度)のお湯にゆっくりと浸かる。(足浴や半身浴も効果があります。)
  • 血行を良くする運動をする。(筋肉を動かすストレッチが有効です。)
  • 冷え症に効果的な漢方薬の服用。(しっかりと個人の体質にあった漢方薬をご使用下さい。)

冷え性の治療方法

冷え性の治療法として、多くの医院では自宅療養や自律神経のバランスを整える治療法がほとんどですが、当院では、下半身バスにより血行を良くする方法と、自宅で漢方薬を服用して頂く方法で、相乗効果を高める治療をしていきます。

気になる事はなんでも、下記のお電話番号にお気軽にお問い合わせ下さい TEL:093-531-0788

PAGE TOP